株式会社エコトラックTOPへ
走行データ(大阪−東京)

走行データ

1. 燃費データ

1-1. 平均燃費 

  大阪ー 東京 往復平均燃費  6.6km/立方m

 1-2.エコステーション 間 平均燃費

起点エコステーション 終点エコステーション 走行距離
(km)
充填量
(立方m)
燃費 平均 
時速
走行道路
門真 名古屋べニックス 191 28 6.8 55.9 一般道・
高速道
名古屋べニックス 富士 214 31.4 6.8 80.3 高速道
富士 枝川 178 28.5 6.2   一般道
枝川 富士 169 29.8 5.7  42.3 一般道・
高速道
富士 名古屋ベニックス 234 33.7 6.9 58.5 一般道
名古屋ベニックス 門真 177 25 7.1 50.6 一般道・
高速道

合計

1163 176.4      

1-3.アイドリング時消費燃料テスト 
   アイドリングしたまま2時間停車  消費燃料を測定

  アイドリング1時間あたり、約2.5立方mの燃料を消費   


2.走行データ1

  平成12年8月3日(木)天候( 晴れ) エコトラック NO.1

地点 時刻 メーター
距離
(q)
充填 量
(立方 b)
走行
(一般道 )
走行
高速道
停止 備考
門真市
エコトラック 本社
15:30 3          
       
 

東名阪道で
120km/時は出る。

桑名インター 17:50 133        

100km/時
2500回転。
走りは軽い。

             
桑名市(積込み) 18:30 137         積荷約1トン
             
  18:40 150        

150kmの地点で、
メーターの針が
ちょうど半分になる

             
名古屋ベニックス
エコステーション 到着
19:25 191          
     

28

     
名古屋ベニックス
エコステーション 出発
19:40 191          
           

東名高速90〜
100km/時で流す

富士エコステーション
到着
22:20 405

 31.4

       

平成12年8月4 日(金)天候(晴れ)エコトラックNO.2

地点 時刻 メーター
距離
(q)
充填量
(立方b)
走行
(一般道)
走行
( 高速道)
停止 備考
富士エコステーション 
出発
23:10 405         一般道(1号線
バイパス)を走行
             
平塚 1:00 455         パワーがあり、
箱根の上りが楽々
(トップギアのままで
走行)下りは排気
ブレーキがないの
で恐い
             
横浜 2:00 530          
             
大森 3:00 550          
             
江東区 3:40 576          
            3時間の仮眠後
荷降し
江東区 7:30            
             
枝川エコステーション 9:00 583  28.5       エコステーション
付近でパンクした
ため、1時間ロス

平成12年8月4日(金) 天候( 晴れ) エコトラックNO.3

地点 時刻 メーター
距離
q)
充填量
( 立方b)
走行
( 一般道)
走行
( 高速道)
停止 備考
東京ガス本社 到着 10:00 591          
             
東京ガス本社 出発 17:20   40.6        
             
いすゞ本社 到着 18:20 600          
             
いすゞ本社 出発 20:15            
            首都高 混雑
東名 東京料金所 21:12 631          
             
厚木インター 21:40 660          
             
富士エコステーション
到着
22:45 752         エコステーション
にて休憩
2時間余り仮眠

平成12年8月5日(土)天候(晴れ) エコトラックNO.4

地点 時刻 メーター
距離
(q)

充填量
(立方b)

走行
(一般道)
走行
(高速道)
停止 備考
富士エコステーション
出発
1:30           次の名古屋エコ
ステーションの
開店時刻まで
5時間あるので、
一般道を走行。
             
岡崎インター 4:25 942         バイパスが夜間
で無料のため
ペースが速い。
         

 

 
名古屋ベニックス
エコステーション 到着
5:30 986         5:30から開けて
くれた
      33.7    

 
名古屋ベニックス
エコステーション 出発
5:40            
             
門真エコステーション
到着
9:10 1163  25        

3.条件データ

■走行日時 ■充填所
往路 8月3日(木)〜8月4日(金)
復路 8月4日(金)〜8月5日(土)


名古屋エコステーション・ベニックスにて
名古屋市名東区姫若町24
TEL 052-705-4401


エコステーション富士にて
静岡県富士市伝法字中村3201−1
TEL 0545-57-7550

■車輛
いすゞ
エルフ4トン標準平ボディ CNG車
タンク 56立方メートル

■積載荷物
焼肉テーブル 約1トン

4.所見

4-1.はじめに
 まずはじめに、今回の大阪ー東京間走行テストのため、4トンCNG車両を快く提供してくださった、
 株式会社マックスラン(大阪府八尾市 竹本富子社長)に心から感謝を申し上げたい。

4-2.車両について
 今回、初めて4トン車の走行テストを行った。4トン車は今までテストしてきた2トン車に比べ、
 どうしても足(=航続距離)が短い。丁寧に走っても、燃費が約7km/立法mまでしか伸びない
 ため、2トン車と10立法mしかタンク容量の差が無い4トン車では、平均燃費6.5km/立法mと
 仮定すると、航続距離は364キロメートルということになる。

 しかも、実際は、燃料メーターの減り具合が、前半のほうが早いので、200キロメートルも走れば
 メーター残が3分の1になり、運転者に、300キロメートル程度しか走らないという視覚的な錯覚を
 与える。また燃料計が小さく、見にくいため残量の確認がしづらくギリギリまで走らせることが
 できない。これでは、4トン車としての実用性の上で、不満が残る。せめて500キロメートルの
 航続距離は欲しい。たとえそれがすぐには不可能であっても、燃料メーターを大きくして見やすくし、
 残量との整合性を高めるだけでも、車両の実用性能を著しく向上させることができよう。

 もうひとつ、ふれておきたいのは、パワーについてである。パワー的にはかなり余裕がある。
 同じ190ps(馬力)のディーゼル車よりよほど速く感じた。トルクや登坂力も十分で、かなりの
 坂道を高いギヤですいすい登った。体感的には200psは出ているように感じた。

4-3.運行に関して
 今回テストをして4トンCNG車における地域間輸送に関して率直な感想と問題点を述べる。
 通常の運行パターンである「宵積み、朝一降ろし」のパターンで、実際荷物を運んでやって
 みたのであるが、やはり充填所の営業時間に合わせることに神経を使わざるを得なかった。
 上り・下りによって若干異なるが、荷物の積みこみ時間が相当にずれ込めば、早朝着は
 かなり難しくなる。ただ、名古屋ベニックスエコステーションは、朝は5:30から、夜は24時まで
 開けてくれたため、大阪に朝一で着くことができ、たいへん助かった。

4-4.まとめ
 4トンCNG車による大阪ー東京間の輸送は、しっかりとした運行計画さえ立てていれば可能で
 あるといえるが、現状では、名古屋と富士での2度の充填は不可欠である。
 仮に車両の航続距離をもう100キロメートル延ばすことができれば、途中充填は1回で済み、もっと
 楽に行くことができる。そして中部地方の充填所が24時間開いていれば急の仕事でも対応できる。


付録

往路 帰路

 

料金   料金
東名阪 亀山 桑名 ¥1,200 首都高 鈴ケ森   ¥700
東名阪 桑名 名古屋西 ¥750 東名 東京 富士 ¥3,950
名古屋高速      ¥600 名古屋高速 本郷   ¥600
東名 名古屋 富士 ¥5,650 東名阪    亀山 ¥1,800
箱根新道     ¥300

  

     

  

 

 

 

¥8,500

  

 

 

¥7,050




copyright Ecotruck Co.,Ltd. All rights reserved.